白鳥・お花茶屋エリアの治安情報

 

葛飾区に住んでいて、思いの他、知人から聞かれるのは治安についてです。やはり地方から都内に出てくる方や、引越しを考えている方に葛飾区はどう?と質問される機会は少なくありません。葛飾区と言ってもエリアは広く異なりますが、お花茶屋を最寄り駅として居住している立場から、オススメする理由をいくつか掲載したいと思います。

整備済の公園
東京・大手町へ30分

お花茶屋駅には京成線の普通電車が停車します。ここから都内に勤務されている方だと、1-日暮里駅でJR山手線に乗換え、2-町屋駅でメトロ千代田線に乗換え、のどちらかを利用されるケースがほとんどかと思います。勤務地が東京駅や有楽町、新橋といったエリアの場合は日暮里駅での乗換えを、御茶ノ水や赤坂、青山、原宿といったエリアの場合でも乗換え1回で都内に幅広くでかける事が可能です。

京成線お花茶屋駅からも見える、比較的大きなバス通り。この通りはかつて曳船川と呼ばれる河川が存在していました。現在は整備され、夏は子供たちが水遊びをする「曳舟川親水公園」や、夕方や土日は子供たちがのびのび遊ぶ、駅前バスロータリーに隣接する大きな公園があり、お子さんがいらっしゃる家庭でも安心して遊べる環境が非常に豊富です。

都内の大学に進学する学生さんで、この周辺に住む方も多いようです。その背景としては、家賃相場が都内でも比較的安価で、都内へのアクセスも良好である事が挙げられます。京成線を利用すれば成田空港へも30~40分、羽田空港へも30~40分、JR上野駅へも20分弱と、非常にアクセス良好である点はあまりご存知ない方も多いのではないでしょうか。

お花茶屋駅を最寄り駅とする高校で、スポーツ競合高が2つ存在します。1つはサッカー高校選手権に9回の出場回数を誇る修得高校。TVでもおなじみ、中盤のダイナモ「キーちゃん」の愛称で親しまれた北澤豪の出身校でもあります。もう1つは春高バレーなどで有名な共栄学園。中高一貫で、中学校の部活からそのまま全国の舞台で活躍するケースが多いようです。

物件価格
スポーツ競合校

© 2014 by OHANAJAYA.Co. All Rights Reserved.